2日に東京競馬場で行われた青葉賞(3歳・GII・芝2400m)を勝利したオーソリティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)に左前脚の骨折が判明した。検査の結果、骨片が確認されたもの。7日、所属するシルクホースクラブのホームページで発表された。

 同馬は青葉賞の勝利により、31日に東京競馬場で行われる日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m)の優先出走権を獲得したが、これを見送ることとなった。近日中に北海道の社台ホースクリニックで骨片摘出手術を行う予定。

 オーソリティは、父オルフェーヴル、母ロザリンド、その父シンボリクリスエスという血統で、2代母は日米オークス馬のシーザリオ。弥生賞ディープ記念3着から臨んだ青葉賞で重賞初勝利を挙げ、通算成績は5戦3勝。