10日の京都5Rは、4コーナーで5番アステロイドベルトが外側に斜行したため、6番サンライトジュンコ、4番タツハグンセイの進路が狭くなった。

 この件について、アステロイドベルトの西村淳也騎手は5月23日(土)から5月31日(日)まで、9日間の騎乗停止となった。西村騎手が騎乗予定だった、平安S(GIII)のスワーヴアラミスなどは乗り替わりとなる。

 レースはアステロイドベルトが1着、サンライトジュンコが8着、タツハグンセイが9着で到達順位どおり確定。西村騎手はこの勝利で通算101勝(JRA98勝)に到達し、来週から減量騎手卒業となる。

※今年から不注意騎乗による騎乗停止は従来の1週間後からではなく、2週間後からの発効となる。