10日、東京競馬場で行われた第25回NHKマイルC(3歳・牡牝・GI・芝1600m・1着賞金1億500万円)は、2番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の9番人気ラウダシオン(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)が、逃げ粘る1番人気レシステンシア(牝3、栗東・松下武士厩舎)を直線半ばで捕らえて抜け出し、最後はこれに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に6番人気ギルデッドミラー(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。なお、2番人気タイセイビジョン(牡3、栗東・西村真幸厩舎)はギルデッドミラーとハナ差の4着、3番人気サトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は13着に終わった。

 勝ったラウダシオンは、父リアルインパクト、母アンティフォナ、その父Songandaprayerという血統。前走のファルコンSは2着に敗れたが、この本番で巻き返し3歳マイル王の栄冠を手にした。また、本馬の父リアルインパクトにとっては、これが産駒のJRA重賞初勝利となった。

 鞍上のM.デムーロ騎手は、昨年のアドマイヤマーズに続いて2度目のNHKマイルC制覇。史上初の連覇達成となった。

<NHKマイルCダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます