3連単の配当が2000万円を超えた15年を筆頭に、近年はことごとく波乱の決着となっており、1番人気が制したのは13年のヴィルシーナが最後。古馬牝馬のGIとして、マイルCSやジャパンCなどにメンバーが分散しやすい秋のエリザベス女王杯と比べて濃いメンバー構成となる傾向にはあるが、荒れやすいという特徴は共通している。

1.前走負けた馬が巻き返す

 過去10年、前走を勝っていた馬は1勝もしておらず、複勝率も8.1%しかない。対して、前走5着以下だった馬は7勝をあげており複勝率は15.2%。前走で敗れていた馬の巻き返しに要注目。

2.前走の上がりタイムに注目

過去10年、前走の上がり3ハロンタイムが1位だった馬は[1-1-1-22]で複勝率12.0%・複勝回収率30%。対して、6位以下だった馬は[6-5-4-67]で複勝率18.3%・複勝回収率211%。速い上がりを使う内容のレースをしてきたことは、ここで強調材料にはならない。

2.東京実績

 昨年11番人気で3着だったクロコスミアは、それ以前に府中牝馬Sを制していた。また、一昨年8番人気で1着のジュールポレールは前年の同レースで3着しており、15・16年に連覇を成し遂げるストレイトガールも14年に同レース3着の実績があった。他にも、17年11番人気で2着のデンコウアンジュ、13・14年連覇のヴィルシーナ、12年の覇者ホエールキャプチャは東京マイルの重賞勝ち馬だった。

 ノームコアは昨年の覇者で、東京マイルのコースレコードホルダー。条件に高い適性があることは言うまでもない。前走の高松宮記念で大敗を喫したのが気掛かりではあるが、香港以来の休み明け、かつ特殊な重馬場の中で初の1200mと条件が非常に厳しかったのは確か。得意条件に戻るここで変わり身を期待したい。