現地時間11日、フランスのパリロンシャン競馬場でG2・アルクール賞(4歳上・芝2000m・9頭立て)が行われた。

 ハナを切った2番人気シャーマン(牡4、M.ギュイヨン騎手)のスピードが最後まで衰えず、中団から馬群を割って末脚を伸ばした6番人気ウェイトゥパリス(牡7、P.ブドー騎手)に3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分6秒68(重)。

 道中2番手から進み、ゴール寸前でウェイトゥパリスに差された3番人気シモナ(牝4、C.スミヨン騎手)が、短首差の3着。

 昨年仏ダービー(仏G1)1着、凱旋門賞(仏G1)3着で断然の1番人気に推されたソットサス(牡4、C.デムーロ騎手)は後方から進み、直線では外から追い込みを図ったが、伸びを欠いて4着に敗れた。

 シャーマンは父Shamardal、母Only Green、その父Green Desertという血統。フランスのC.ラフォンパリアス厩舎の管理馬。

 昨年の仏2000ギニー、ジャックルマロワ賞と、仏G1で2度の2着がある。重賞は昨年のフォルス賞(仏G3)に続く2勝目。通算成績は13戦5勝。。

 フランス競馬は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月17日から開催が中止されていたが、この日11日から無観客でレースが再開された。