netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった宝塚記念の「ゴールデンコンビ」はこちら。

【森田直行厩舎×池添謙一騎手(モズベッロ)】

 日経新春杯、日経賞、天皇賞(春)に続いてこのコンビを紹介。

「直近1年」の「森田直行厩舎×池添謙一騎手」成績は8-5-1-14で複勝率50.0%、複勝回収率131.8%。次位の松山弘平騎手が2-1-0-11なので、圧倒的な数字だと言える。注目すべきは14回の馬券絡みのうち1番人気は2回だけという点。直近ではダイメイコリーダで挑んだ5月24日の鳳雛Sを5番人気2着している。人気馬ばかりではない中での複勝率50.0%は出色の好成績で、相性の良さが際立っている。

 ちなみに「直近5年」成績は9-6-1-24。この数字から好走例の大半が「直近1年」に偏っていることがよく分かる。急速に信頼関係を深めている「ゴールデンコンビ」だ。

 池添騎手はモズベッロに過去3回騎乗して1-1-0-1。日経新春杯優勝、日経賞2着という実績がある。前走の天皇賞(春)はさすがに距離が長かった印象だ。今回は適距離に戻り、急坂コースの実績も十分。相手は強力だが、能力さえ出し切れれば巻き返しがあっても何ら不思議ではない。