28日、函館競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・10頭)は、先手を取った菱田裕二騎手騎乗の2番人気ディープエコロジー(牝2、美浦・宮田敬介厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、3番手から迫った1番人気ストーンフェンス(牡2、美浦・高柳瑞樹厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒5(稍重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に3番人気ウイングリュック(牡2、栗東・宮徹厩舎)が入った。

 勝ったディープエコロジーは、父クリーンエコロジー、母ワンファインデイ、その父ディープインパクトという血統。新種牡馬クリーンエコロジーの産駒は、JRA初出走で初勝利となった。