28日、阪神競馬場で行われた第61回宝塚記念(3歳上・GI・芝2200m・1着賞金1億5000万円)は、4コーナーで持ったまま先団の取り付いた北村友一騎手騎乗の2番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線で先頭に立って一気に後続との差を広げ、直後から追い上げていた6番人気キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)を最後は6馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは2分13秒5(稍重)。

 さらに5馬身差の3着に12番人気モズベッロ(牡4、栗東・森田直行厩舎)が入った。なお、1番人気サートゥルナーリア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)はモズベッロと1.3/4馬身差の4着、3番人気ラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)は6着に終わった。

 勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、その父クロフネという血統。昨年の秋華賞に次ぐGI・2勝目を飾った。牝馬による宝塚記念勝利は、昨年のリスグラシューに続いて2年連続で史上5頭目。

 鞍上の北村友一騎手、本馬を管理する斉藤崇史調教師共に、宝塚記念は初勝利となった。