今年は阪神で行われる、サマースプリントシリーズ第2戦。クリノガウディーに注目したい。仕切り直しのここで重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/5(日) CBC賞(3歳上・GIII・阪神芝1200m)

 クリノガウディー(牡4、栗東・藤沢則雄厩舎)は前走の高松宮記念で1位入線。残念ながら4着降着という結果に終わったものの、初の1200mで新味を出した。右回りに替わるのがカギとはなるが、相手関係が楽になるここで新馬戦以来の勝利を期待したい。鞍上は3走ぶりの横山典弘騎手。

 アウィルアウェイ(牝4、栗東・高野友和厩舎)は高松宮記念で11着と振るわなかったが、馬場や展開が向かない面もあったか。今年のシルクロードSを制しているようにこのメンバーに入れば力は上位で、巻き返しを期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、昨年の覇者レッドアンシェル(牡6、栗東・庄野靖志厩舎)、3連勝でオープン入りしたミッキースピリット(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、オープン特別の鞍馬Sを制したタイセイアベニール(牡5、栗東・西村真幸厩舎)、阪神牝馬Sで3着のディメンシオン(牝6、栗東・藤原英昭厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。