ホッカイドウ競馬所属の元騎手・元調教師であり、全国公営競馬調教師会連合会名誉会長の手島健児氏が7月2日に亡くなっていたことが3日、わかった。89歳だった。

 手島氏は1931年4月26日生まれ。1969年に地方競馬調教師免許を取得し、1973年に調教師としてデビュー。

 1998年にリードリズムで王冠賞、1999年にリードスキーでエーデルワイス賞などを制した。生涯成績は10311戦1163勝(勝率11.3%)。

 2001年に調教師を引退し、全国公営競馬調教師会連合会名誉会長に就任した。また、2002年には黄綬褒章を受章している。

(ホッカイドウ競馬のリリースより)