7月5日に阪神競馬場で行われるCBC賞(3歳上・GIII)の舞台となる阪神芝1200m。このコースについて解説していく。通常、CBC賞は中京芝1200mで争われるが、今年は京都競馬場改修工事の影響で阪神の施行となる点に注意。

 阪神コースは2005年から2006年にかけて改修工事が行われ、新装オープンは2006年末の開催。このコース改修に伴い、阪神芝コースは外回りが新たに設けられ、外回りの一周距離は2089mと、右回りで最も大きな競馬場へと生まれ変わった。外回りコースの直線距離は473.6mで、ゴール前には高低差1.9mの急坂が待ち構えている。

 芝1200mは内回りでの施行。内回りの一周距離は1689mで、ゴール前直線は359.1m(Bコース使用時)。

 芝1200mは向正面直線半ばからのスタート。初角となる3コーナーまでは250mほどと短い。緩やかな下りでスタートして、残り160m地点から約2mの急坂に転じる。ラスト70mはほぼ平坦。なおゴール前直線は359.1m。内回りのサイズは、ローカル場よりもやや大きい程度なので、外回りコースの広いイメージに惑わされないようにしたい。

 下りスタートなのでペースが上がりやすいのが特徴。野芝のみ、かつ開幕週に行われるセントウルSはスピードを生かした先行馬の活躍が目立っているが、このCBC賞はオーバーシードかつ連続開催の半ばと条件が大きく異なる点に注意。

 CBC賞は4回阪神の2日目。4回阪神は全日Bコースを使用する。直前に行われた3回阪神は前半6日間がAコース、後半2日間がBコースだったので、連続開催の10日目かつBコース使用4日目ということになる。梅雨時期の連続開催で、宝塚記念も直前の雨で重い馬場となったため、勝ち時計2.13.5、レースの上がり3Fが36.3とタフな決着となった。晴れれば野芝が生育する時期とはいえ、劇的な回復は見込みづらいだろう。従来の(中京2日目に行われる)CBC賞のイメージは捨てて臨んだ方が良さそうだ。