30日、園田競馬場で行われた第17回兵庫クイーンC(3歳上・牝・重賞・ダ1700m・1着賞金500万円)は、先手を取った田中学騎手騎乗の3番人気マコトパパヴェロ(牝6、兵庫・木村健厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の7番人気カリブメーカー(牝5、兵庫・柏原誠路厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒4(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気ユウキラフェール(牝3、兵庫・碇清次郎厩舎)が入った。なお、2番人気エイシンテースティ(牝5、兵庫・坂本和也厩舎)は9着に終わった。

 勝ったマコトパパヴェロは、父サウスヴィグラス、母ハネダキセキ、その父フジキセキという血統で、重賞初制覇。本馬を管理する木村健調教師にとってもこれが初の重賞勝利となった。