持続可能な社会を考える国際写真賞「プリピクテ」

<持続可能な社会、環境に関わる優秀な写真作品を選出する国際写真賞「プリピクテ」の世界巡回展が、今週から東京で開催>

軍事監視用赤外線サーマルカメラでフェンス越しに撮影された難民キャンプ。大きく引き延ばされた写真には、人々の極限状態が克明に記録されている。しかし、熱感知カメラで捉えられた人間たちは、顔立ちや肌が曖昧で、アイデンティティを剥奪された単なる生体の痕跡として示される。このカメラの視線は、難民を拒絶する社会の目に通ずるのではないか。

持続可能な社会、環境に関わる優秀な写真作品を選出する国際写真賞「プリピクテ」の世界巡回展が東京にやってくる。スイスの投資や資産管理を手がけるピクテ・グループが、2008年に自らの名前を冠して創設した写真賞で、毎年、「成長」「権力」「消費」など、創造的思考のために幅を持たせたテーマが掲げられてきたが、7回目となる今回の「スペース(宇宙、空間)」についても、写真家たちによって様々な解釈がなされている。最優秀賞には「ヒート・マップス」(写真上)を制作したリチャード・モスが選出され、10万スイスフラン(約1140万円)の賞金が授与された。 

今年の「プリピクテ」は、世界中のノミネーター約300名から、あらゆるジャンルの写真作品を制作する写真家、アーティスト700名以上が推薦され、英外務大臣付気候変動特別代表サー・デービッド・キング教授を審査員長に、写真家セバスチャン・サルガド他、著名な博物館、美術館のキュレーターなど9名の審査員によって選考された。恵まれた賞金額に注目が集まりがちだが、毎回選出される作品は、現代アートとして非常に評価が高いものばかり。短い歴史ながら、写真賞として最も権威があるもののひとつとして、世界的に注目を集めている。

11月23日(木)〜12月7日(木)まで、東京・代官山ヒルサイドフォーラムで開催されるプリピクテ国際写真賞『Prix Pictet SPACE(宇宙・空間)』東京巡回展では、最終審査の対象になった12作品が展示される。

【参考記事】軍事用カメラが捉えた難民のむき出しの生

ファイナリスト
<マンディ・パーカー>
アイルランド、コーク州コーヴのグラウントンで採集されたサンプル(ベビーカーの車輪)2015
シリーズ名:漂流の果てにーーあまり知られていない生き物  © Mandy Barker, Prix Pictet 2017



海に漂流するプラスチック片を使用し、プランクトンの顕微鏡標本ように見える写真を創作したもの。その創作物は、海洋汚染により、プランクトンが微細なマイクロプラスチックを摂取して化学物質を取り込んだ「生物」として、作家がプラスチックを示す言葉を潜ませた独自の「学術名」を与えている。食物連鎖の基礎部分に位置するプランクトンは、より大きな海洋生物に捕食され、最終的には私たちの食卓に上る。1800年代初期の海洋生物学者ジョン・ヴォーン・トンプソンが制作したプランクトンのスライドから着想を得ている

<ベニー・ラム>
閉所 01 2012
シリーズ名:細分化されたアパート 2012 © Courtesy of Benny Lam (photographs), Kwong Chi Kit and Dave Ho (concept), Prix Pictet 2017



香港は世界で最も豊かな都市のひとつとされているが、その繁栄の裏には深刻な貧困問題がある。新たに移住した家族、高齢者、失業者の生活は苦しく、平均ひと部屋3.7平方メートルという違法に細分化されたアパートに、10万人以上が暮らしている

<西野壮平>
ジオラマ・マップ・ロンドン 2010
シリーズ名:ジオラマ・マップ 2010-2016  © Sohei Nishino, Prix Pictet 2017



数ヶ月都市を歩き、見晴らしのよい場所を探して、数百本ものフィルムに景観を記録する。撮影した全てののべ数万枚の写真を手焼きして切り取った写真1枚1枚を、自らの記憶と共にコラージュして、都市の地図を再構築していく。単なる鳥瞰図ではない。あえて、スケールを変えたり、場所もしばしば反復することで、私たちが持つ時間と場所に対する記憶の曖昧さを示す。遠くからは抽象画のようにも見え、近くに寄って細部を見ると、都市を構成する生命とみなぎるエネルギーが織りなす小宇宙が広がっている

<トーマス・ルフ>
ma.r.s.08_II 2012
シリーズ名:ma.r.s, 2010-2013 ©Thomas Ruff, Prix Pictet 2017



作品の素材として、NASAの探査船が調査、研究のために撮影した衛星写真を使用している。火星の表層が極限までのクローズアップで映し出された写真は、地球に送信するデータの重さに制限があるために、白黒で記録されているが、その写真にデジタル加工で、一般に火星の光景として認識されている色を加えたり、異質な印象を創り出すために意図的に色を変えたりすることによって、宇宙に真の色などないことを喚起させる。探査船のカメラが切り取る、火星の「風景写真」の可能性を探る作品

<川内倫子>
無題 2012
シリーズ名:あめつち 2012



冬枯れの土地に火を放ち、草原を再生する阿蘇山の野焼きは、毎年早春に行われてきた行事で、1300年以上の歴史がある。「あめつち」とは「天地」を意味する。展示される作品は、複数の写真から構成されたシリーズの一部で、焼ける大地と夜空の写真を並列させることで、天と地、光と闇、生と死などの二元性が表現される。現実世界と夢や精神世界とを同化させながら、ものごとの起源と人間とのつながりを見つめ、最終的には記憶や時間を超越した目には見えない共有空間、宇宙的広がりへとつながっていく

他の展示作家:
セルゲイ・ポノマリョフ
ムネム・ワシフ
パヴェル・ヴォルベルグ
マイケル・ウルフ
サスキア・グローンバーグ
ベアテ・グーチョウ

□プリピクテ国際写真賞『Prix Pictet SPACE(宇宙・空間)』東京巡回展


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル! ご登録(無料)はこちらから=>>

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索