台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

<ウーは救助を求めていたが、軍用ヘリも引き返すほどの悪天候だった>

ビキニ姿で山頂に立つ自撮り写真をインターネットに投稿して有名になったハイカーが、台湾で山登の最中に凍死した。

「ビキニ・ハイカー」として知られるジジ・ウー(36歳)は、台湾の南投県にあるマボラス山近くで、およそ20メートルの峡谷の下で死亡しているのを救助隊に発見された。

台湾の英字紙タイワン・ニュースによると、ウーは1月19日、滑落して怪我を負ったあと、衛星電話を使って救助を求めた。空中勤務総隊は、軍用ヘリのブラックホークを3度にわたって派遣したが、悪天候のためにウーを発見できなかった。

遺体が発見されたのは、徒歩による捜索が再開されたあと。ウーが持っていた遭難用ビーコンのそばで、南投県消防局の隊員に発見された。

ウーの死因は低体温症(凍死)とみられている。怪我で身動きが取れないのに、気温が1度くらいまで急降下したせいだ。

始めたきっかけは罰ゲーム

ウーは、台湾国内にある高い山々に登り、その山頂でビキニ姿になって自撮りした写真をインターネットで共有し、多くのファンを獲得してきた。

投稿を始めたきっかけは、友人との賭けに負け、罰ゲームとして山頂でビキニ姿になったこと、とウーは述べていた。ニュースチャンネル「フォーカス台湾」の報道によれば、ウーは4年間に100回ほど山に登り、少なくとも97種類のビキニを着たと話していたという。





ウーはこの後も、南華山から卓社山まで25日間の単独登山に挑戦するつもりだった。12月24日にフェイスブックに書いていた。2018年は、1年のうち127日間を山に登って過ごしたと述べていたと、蘋果日報は報じた。

ひどい切り傷と打撲を負った脚の写真をフェイスブックに投稿し、山で滑落したときのケガだと話していたこともあった。

ウーの訃報を受けて、ソーシャルメディアのユーザーたちは、彼女のフェイスブック・ページに追悼メッセージを寄せている。

「安らかにお眠りください。そちらの世界でも山登りをして、あなたらしく幸せでありますように」と、ウルム・リアンというユーザーは投稿している。

「美しい景色を見せたいというあなたの勇気に感謝します」というメッセージも寄せられた。リン・リッチというユーザーからだ。

(翻訳:ガリレオ)


イワン・パーマー


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索