米国、自殺未遂でERを受診した子どもの数が倍増している

<米国で「自殺未遂や自殺念慮により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」という調査結果が明らかに>

この10年でほぼ倍増

米国で「自殺未遂や自殺念慮(自殺に対する思考が精神を支配している状態)により緊急救命室(ER)を受診した18歳未満の子どもの数が2007年から2015年でほぼ倍増している」というショッキングな調査結果が明らかとなった。

加モントリオール・チルドレンズ病院のブレット・バーンスタイン博士らの研究チームは、全米病院外来医療調査(NHAMCS)の2007年から2015年までの調査データを用いて、18歳未満の子どもを対象に自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診状況を分析し、2019年4月8日、その結果を小児医学学術雑誌「JAMAピーディアトリクス」で発表した。

これによると、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の年間受診件数は2007年時点の58万件から2015年には112万件へと約1.9倍増加し、緊急救命室の受診件数全体に占める割合も、2007年時点の2.17%から2015年には3.50%に増えている。

自殺は若い世代で2番目に多い死因

米国疾病管理センターによると、自殺は米国の10歳から34歳までの若い世代で2番目に多い死因だ。自殺未遂や自殺念慮は、将来の自殺につながりかねない重要な予測因子と考えられている。

研究チームでは、18歳未満の子どもが緊急救命室を受診した5万9921件のケースを分析したところ、そのうち1613件が自殺未遂や自殺念慮によるものであった。受診者の平均年齢は13歳で、5歳から11歳未満の子どもが43.1%を占めている。

研究チームは、18歳未満の子どもの自殺未遂や自殺念慮による緊急救命室の受診件数が増加している原因について「複数の因子が関係しているとみられ、結論づけることはできない」としながらも、地域レベルでのメンタルヘルスケアの体制整備や緊急救命室を受診した後のフォローアップなど、子どもの自殺を予防するための施策を積極的に講じるべきだと説いている。

目標達成へのプレッシャーやネットいじめも要因か......

このような調査結果に対し、児童精神科医でもある米ハーバード大学医学大学院のジーン・ベレシン教授は、米メディアCNNの取材で「自殺や抑鬱状態が明らかに増えている」と述べ、その原因として「現代の子どもは目標達成へのプレッシャーや学校でのプレッシャーなどを感じ、昔の子どもに比べて、将来、生計を立てられるかどうかの不安をより強く感じている」と分析する。

また、ベレシン教授は、ソーシャルメディアの普及でより深刻化しているネットいじめも要因のひとつに挙げている。米国疾病管理センターの調査では、米国の高校生の約15%が「過去1年間でネットいじめを受けた」と回答し、ピュー研究所の調査では、米国の10代の若者の59%が「ネットいじめを受けたことがある」と答えている。

米国では、子どもたちの心のケアを専門に担う児童精神科医が不足しているのも現状だ。米国児童青年精神科学会(AACAP)によると、米国50州のうち41州で、子ども10万人あたりの児童精神科医の人数が17人未満にとどまっている。



Study: Number of children visiting the ER for suicidal thoughts and attempts has nearly doubled


松岡由希子


関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索