日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味があるのか

<上の漢字、もしフリガナがなかったら読めるだろうか? 名前に秘められた謎を解き明かせば、日本古来の神様たちについて、もっと深く知ることができる>

2019年4月1日、日本中が2つの漢字に沸いた。「令和」だ。その日から至る所でこの2文字を目にするようになり、あまり目立たない存在だった「令」という漢字が一躍、脚光を浴びることになった。言葉の出典についても話題になったが、いずれにせよ、どちらの漢字も日本生まれではない。

固有の文字を持たなかった日本は、中国から入ってきた漢字をうまく利用することで、日本語を書くための方法を考え出した。そのおかげで貴重な記録として残されたのが、各地の伝承をまとめた「風土記」や、それを整理した『古事記』『日本書紀』などだ。

これらの文献には、多くの神が登場する。だが、ギリシャ神話の神々の名前は知っていても、日本の神様の名前は、残念ながら、あまり知らない人のほうが多いのではないだろうか。

その理由のひとつは「漢字が難しい」「読み方が分からない」からかもしれない。全ての神様の名前は漢字で表され、なかには「波邇夜須毘古神」のように当てずっぽうでも読めそうにない名前の神様もいるが、実はこうした名前にこそ、その神様の本当の姿が隠されているのだという。

名前に秘められた謎を解き明かせば、日本古来の神様たちについてもっと深く知ることができる。漢字を通して、神様たちの意外な素顔をのぞいてみよう──というのが、『漢字で読み解く日本の神様』(山口謠司・著、CCCメディアハウス)だ。「開運・厄除けの神様」「縁結び・子宝の神様」など、ご利益別に全75柱の神様について解説した本書には、それぞれが祀られた神社の情報も載っている。

「音」と「意味」で漢字を日本語に

本書の解説によれば、古代の日本には、縄文時代から各地方を治める部族がいたとされるが、それぞれの部族には、自分たちの出自を神格化した祖先神がいた。また、生活と切り離せない自然のさまざまな現象を、人々は神として崇めてきた。

当然それらの神様には名前があったが、文字を持たなかったため、長い間、音だけで伝えられてきた。奈良時代に入り、中央からの官命によって書物(風土記、古事記など)に記されるにあたって、それぞれの名前に文字(漢字)を当てることになった。

日本語を書き表す文字として漢字を利用するには、2つの方法が用いられた。ひとつは、「ア」という音に同じような発音をする「阿」「亜」「安」などを当てる方法で、もうひとつは、「たべる」「のむ」「はしる」といった日本語に、同じ意味を持つ漢字「食」「飲」「走」を当てる方法だ。

この2つの方法をうまく活用することで、神様たちの名前が、ついに文字になったのだという。したがって、神様の名前に使われている漢字は、ただ読み方を表すものではなく、どんな神様なのかを広く、また後世にも伝えるために選び抜かれたものと言えるだろう。



漢字から浮かび上がる神様の個性

日本という国を創った「国生みの神」であり、夫婦でもある「いざなぎのみこと」と「いざなみのみこと」は、漢字では「伊邪那岐命」「伊邪那美命」と書く。

漢字本来の成り立ちから、それぞれの意味は次のとおり。「伊」は天地の間を調和する人格、「邪」はアンバランスなこと、「那」はたっぷり多いという意味、「岐」は枝分かれした山路、そして「美」は、ふくよかで神に捧げるに相応しい犠牲としての羊のことを言うそうだ。

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』130ページより)

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』131ページより)

一方、音という点で見れば、「伊邪(いざ)」は相手を誘うときや呼びかけるときの言葉であり、「那岐(なぎ)」は「凪」と同音なので穏やかで静かであることを表し、「那美(なみ)」は「無」で無くすことを意味するという。

そして、多くの神様の名前にも使われている「命」は天からの使命を意味するので、つまり、天と地を調和する夫婦で一対の(=アンバランスな)神様であり、「伊邪那岐命」は人の世を安定させる神様、「伊邪那美命」は人の命を無くす神様ということになる。

実は、伊邪那岐命と伊邪那美命は夫婦としてたくさんの神様を生み、日本という国土に必要な全てのものを造ったが、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ/火の神様)を生んだ際に負った火傷が原因で、伊邪那美命は亡くなってしまう。そして、人の死を司る神様となったのだ。

人間の生と死を創った神様、それが「伊邪那岐命」「伊邪那美命」だ。漢字の意味や成り立ちを丁寧にひもとくことで、神様の個性だけでなく、背後にあるストーリーまでもが浮かび上がってくる。

名前に込められた深い意味を知る

伊邪那美命が亡くなったとき、妻を忘れられない伊邪那岐命は黄泉の国まで迎えに行くが、その身体は腐ってウジが湧いていたという。それを見た伊邪那岐命は逃げ戻り、穢れを落とすために禊ぎを行った。このときに生まれた神様のうちのひとりが「天照大神(あまてらすおおみかみ)」だ。

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』18ページより)

『古事記』などで国家の主神とされている神様であり、人々に偉大な自然の恵みを与えてくれる太陽の神様だ。4つの漢字で表されているのは、「人の頭上に大きく広がり(天)、地上のすみずみまで光を注ぐ(照)、たっぷりとゆとりのある(大)、不思議な自然の力(神)」。



また、冒頭で取り上げた「波邇夜須毘古神」は「はにやすびこのかみ」と読み、「波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)」と男女一対の神様で、なんと、伊邪那美命が瀕死の状態のときにした糞から生まれたそうだ。農耕に欠かせない埴輪と陶芸の神様で、金運・商売を司るとされている。

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』122ページより)

イラスト:髙安恭ノ介(『漢字で読み解く日本の神様』123ページより)

全ての存在に神が宿っていると考えてきた日本には、「八百万(やおよろず)」の神様がいる。そして、「名は体を表す」と言われるように、名前にはもともと特別な意味がある。地元の神社に祀られている神様にも、名前に隠された知られざる秘密があるかもしれない。

著者である山口謠司氏は中国文献学者で、日本語に関する数多くの著作を持つ。本書では山口氏の解説によって、それぞれの漢字の意味や成り立ちを知ることもできる。神様たちをより身近に感じるとともに、日本語の奥深さにも触れることができるだろう。


『漢字で読み解く日本の神様』
 山口謠司 著
 CCCメディアハウス



ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索