英国の公的医療機関で採集した虫から抗生物質に耐性を持つ細菌が見つかる

<イギリスの研究チームが医療機関で昆虫約2万匹を採集し、これらに寄生する細菌を分析したところ、9割で人体の健康を害するおそれのある細菌が見つかった......>

私たちの身の回りには病原菌を媒介する虫が数多く存在する。病院のように清潔に保たれた環境ですら、虫を介して院内感染が広がるおそれがあることが明らかとなった。

医療機関で採取した昆虫の9割で健康を害するおそれのある細菌が見つかった

英アストン大学の研究チームは、2010年3月から2011年8月までの18ヶ月間、英国内の国民保健サービス(NHS)医療機関7カ所でハエやハチ、カメムシ、蛾など、昆虫1万9937匹を採集し、これらに寄生する細菌を分析した。

2019年6月21日に学術雑誌「ジャーナル・オブ・メディカル・エントモロジー」で公開した研究論文によると、採集した昆虫の9割で人体の健康を害するおそれのある細菌が見つかり、このうち、ハエ目の昆虫に寄生していた細菌の半数以上が抗生物質に耐性を持つこともわかった。

研究チームでは、医療機関内の一般病棟や産科病棟、新生児用施設、調理室で紫外線捕虫器や電撃殺虫器、粘着トラップを仕掛け、サンプルとなる昆虫を採集した。採集された昆虫のうち、ハエ目(双翅目)が全体の73.6%を占め、カメムシ目(半翅目)やハチ目(膜翅目)、チョウ目(鱗翅目)なども含まれていた。

また、ハエ目のサンプルから、86の細菌株が確認された。大腸菌やサルモネラなど、腸内細菌科に属するものが42%で最も多く、食中毒菌の一種セレウス菌を含むバシラス属、皮膚感染症や呼吸器感染症などを引き起こすおそれのある黄色ブドウ球菌などのブドウ球菌属も検出されている。

虫が病原菌を患者に媒介するリスクは低いが......

これら細菌株の52.9%には1種類以上の抗生物質への耐性があり、19%は複数種の抗生物質に耐性を持つ「多剤耐性」が認められた。ペニシリンに耐性を持つものが最も多く、バンコマイシンやレボフロキサシンなど、一般的に投与されている抗生物質に耐性を有するものもあったという。

研究論文の共同著者でもあるアストン大学のアンソニー・ヒルトン教授は「英国の国民保健サービス(NHS)医療機関は清潔な環境で管理されており、虫が病原菌を患者に媒介するリスクは低い」としたうえで「たとえ極めて清潔な環境であっても、虫によって細菌が病院内にもたらされないよう対策を講じることが重要だ」と指摘している。



90% of Insects Found in Hospitals Carry Antibiotic Resistant 'Super Bugs': Study


松岡由希子


関連記事

ニューズウィーク日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索