川重、造船工場を鉄道部品の生産に転用

川重、造船工場を鉄道部品の生産に転用

 川崎重工業は2019年度から、造船の主力拠点である坂出工場(香川県坂出市)で鉄道車両部品を生産する。造船向けの加工棟や人員を転用し、台車部品の製造ラインを新設する。川重は20年度までに国内の造船事業の規模を3割縮小し、中国建造にシフトする方針で、坂出工場の活用方法が焦点だった。鉄道車両はアジアで累計約2000両の円借款計画がある。川重は有力案件を抱えており、19年度に全社の年産能力を現状比30%増の700両規模に高める。

 坂出工場は船舶に加え、新たに鉄道車両を手がける体制となる。工場の稼働率や協力会社の仕事を確保できるようになる。

 船体ブロック製作で培った鉄板の切断や溶接の技術を生かし、当初は20―30人を鉄道に振り向ける。台車枠など台車部品を生産する。加工した台車部品は兵庫工場(神戸市兵庫区)で台車に組み立てる。

 坂出工場の船舶建造は、液化天然ガス(LNG)船や液化石油ガス(LPG)船など高付加価値船に絞る。複数ロットを受注した場合も、1番船を坂出工場で建造し、残りを中国で建造する。

<全文は日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>



【ファシリテーターのコメント】
川重は8月にバングラデシュで都市交通向け鉄道車両144両を受注。同国で2路線の追加受注が濃厚なほか、フィリピンなどでも円借款案件が見込める。受注増をさばくには、生産体制の増強が不可欠と判断したようです。
明 豊

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索