東京の女性、個性的なスタイルを嫌う傾向。「温和」で「かわいい」好む

東京の女性、個性的なスタイルを嫌う傾向。「温和」で「かわいい」好む

 東京の女性は温和でかわいいイメージを好む―。カネボウ化粧品は東京や北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨークの7都市で女性のライフスタイル調査を実施。各都市で女性を取り巻く環境が異なるため、メークの役割や表現に対する意識に違いが見られることが分かった。

 同調査によると東京の女性はメークを身だしなみと捉えて、集団の中に溶け込みやすい温和でかわいいイメージを好み、個性的なスタイルを嫌う傾向にあるという。一方でソウルはメークは欠点をカバーし、競争社会で勝ち抜くためのツールと考えていることが分かった。

 18―34歳の女性1219人を対象に実施した調査で、メークの実態やなりたい人物像、生活満足度、男女間の不平等意識などをインターネットを通じて聞いた。カネボウ化粧品はアジア展開で、この結果を教育担当者らと共有し、販売活動に生かしていく。

【ファシリテーターのコメント】
リリースには「褒められてうれしい言葉」も出ていますが、女性の文化的考え方が反映されていて興味深いです。東京は「一緒にいると落ち着く・ほっとする、気が利く」ですが、例えば北京は「センスがいい、仕事ができる」、台北は「手際がいい、頭の良い」、NYは「ユーモアがある、楽しい」でした。日本の女性はやはり人を立てるという意識がかなり強いようです。
昆 梓紗

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索