鋳物切りくず99%回収、DMG森精機がMC向け装置開発

鋳物切りくず99%回収、DMG森精機がMC向け装置開発

 DMG森精機は金属加工に使う切削液(クーラント)に混ざった切りくずを、高効率に回収するシステム「ゼロスラッジクーラントタンク」を開発した。クーラントをためるタンク内に設けたノズルで切りくずを撹拌、遠心力でクーラントと分離し、サイクロンフィルターで切りくずを回収する。鋳物の切りくずの回収率は99%で、同システムを使わない場合と比べ、約4倍に回収率を向上できる。

 22日に発売する横型マシニングセンター(MC)の新型機に標準搭載する。搭載機種を段階的に増やす。販売目標は非公表。

 同システムにより回収効率を向上し、タンク内の清掃が容易になるほか、配管の詰まりやポンプの能力低下を防ぐ。クーラントの寿命を延ばす効果もあるとしている。

【ファシリテーターのコメント】
22―26日に伊賀事業所(三重県伊賀市)で開催する自社展示会「DMG MORI伊賀イノベーションデー2018」で披露するそうです。
六笠 友和

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索