商社が“5G向け半導体”事業?

商社が“5G向け半導体”事業?

 住友商事と住友商事九州(福岡市博多区)は、ジャパンセミコンダクター(JSC、岩手県北上市)と共同で、シリコン基板上に光素子を形成するシリコンフォトニクス技術を活用した半導体の製造受託を月内に始める。国内の製造拠点でシリコンフォトニクス半導体の製造を受託するのは、初めてという。住友商事では2025年度にシリコンフォトニクス事業で約20億円程度の売上高を目指す。

 スーパーコンピューターや第5世代通信(5G)など、大容量のデータを高速で送る光通信網の高度化ニーズが高まっている。

 住友商事九州はJSCと共同で、15年にシリコンフォトニクス半導体の開発・試作に着手。住友商事九州が通信メーカーなどからの委託を受け、JSCが光の受信や発信、変調に関わる素子を搭載したシリコンフォトニクスの開発・製造を実施した。世界最高水準の性能を持つ受光素子の試作にも成功した。

 住友商事九州が販売窓口、製造をJSCが担う。

<関連記事>
中国の半導体事情に精通する男、8インチウエハー参入の勝算


関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索