鴻海会長の総統選出馬がシャープの役員体制に与えた影響

鴻海会長の総統選出馬がシャープの役員体制に与えた影響

 シャープが役員体制を変更する。次期社長候補の一人と目されていた高山俊明常務執行役員が17日に退任。近く、親会社の台湾・鴻海精密工業グループの幹部職に就くとみられる。6月25日の定時株主総会を経て、鴻海の次期会長候補である劉揚偉氏らがシャープ取締役を退任し、新たに鴻海日本法人で社長経験のある林忠正氏らが取締役に就く。

 戴正呉会長兼社長は留任する。鴻海は郭台銘(テリー・ゴウ)会長の台湾総統選挙出馬を期に次期経営体制を模索中で、傘下のシャープの幹部人事に波及した格好。代表取締役を退いた高山氏は、シャープが持つ台湾の販売子会社の会長職については留任する。将来、シャープに復帰する可能性もある。

 シャープの電子部品事業を担当していた劉氏と、ディスプレー担当の王建二氏も6月25日付で取締役を退任。出身の鴻海に戻る。

 劉氏の後任となる陳偉銘氏は、鴻海の半導体事業の幹部を務めている。

 王氏の後任、林氏は1996年から05年にかけて鴻海の日本法人の社長を務めた。今は鴻海とシャープが共同出資している堺ディスプレイプロダクト(堺市堺区)の代表取締役を務める。


関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索