国内空港では初、自律移動型の警備ロボット

国内空港では初、自律移動型の警備ロボット

 富士山静岡空港(静岡県牧之原市)は、15日に綜合警備保障(ALSOK)の自律移動型警備ロボット「REBORG―Z」を導入する。国内空港としては初めての導入となる。警備員の人手不足が深刻化する中、旅客ターミナルビルの警備で効率化と高度化を目指す。

 REBORG―Zは、カメラで360度の周辺監視が可能。また超音波、レーザーセンサーを搭載し、一般利用客が歩行する公共空間でも精度の高い自律巡回ができる。英語、中国語、韓国語にも対応する。

 富士山静岡空港では、道路保守・管理システムや人工知能(AI)搭載の清掃ロボットに続く、第3弾の業務効率化プログラムとなる。


関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索