中国自動車工業協会によると、2019年の新車販売台数は前年比8・2%減の2577万台と、2年連続で前年実績を下回った。マイナス幅は18年の2・8%から大きく拡大した。同協会は20年も2%減少を見込む。消費の柱である自動車市場の不振が長期化すれば、景気減速が強まる可能性もある。

乗用車は9・6%減の2144万台、商用車は1・1%減の432万台。米中貿易摩擦などを背景に購買意欲の低迷が続いている。急成長を遂げてきた電気自動車やプラグインハイブリッド車など「新エネルギー車(NEV)」は補助金削減が響き、4・0%減の121万台と初めて前年を下回った。

政府は20年にNEV向け補助金を全廃する計画だったが先送りされる見通し。ガソリン車と合わせ、販売てこ入れを狙う。25年の新車販売に占めるNEVの割合目標を25%に引き上げた(従来は20%)。中長期的には中国市場の主戦場になる見通し。

一方、日系メーカーは堅調を維持した。乗用車販売に占める日系の比率は21・3%と前年から2・5ポイント上昇、10年ぶりに2割を超えた。日中関係の改善に加え、品質の高さが改めて評価された。トヨタ自動車が9・0%増の162万台で高級車「レクサス」などが好調、ホンダも8・5%増の155万台だった。日産自動車は1・1%減の155万台にとどまった。