YKKは、海洋プラスチックゴミを主材料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を2020年中に発売する。樹脂製のファスナーで、スリランカの海岸線から50キロメートル以内で収集された海洋プラスチック廃棄物を主材料に製造する。

従来の樹脂ファスナーと同等の強度や耐久性、機能性を維持する。海へゴミを流入させずに、製品へアップサイクリングして環境問題の解決に貢献する。

海洋プラスチックゴミの多くが陸上由来で鳥類やカメ、魚類など海洋生物の生態系に影響を与えている。

YKKでは、植物由来のポリエステル樹脂を主材料としたファスナーやオーガニックコットンを使用したファスナー、染色工程で水をほとんど使わない染色技術など、サステナビリティに配慮した商品開発を進めている。