ジェイテクトは電気自動車やハイブリッド車向けに、通電によるスパークでの損傷(電食)が起きにくい低価格の駆動モーター用軸受を開発した。2024年から量産する計画。年間11億円の売り上げを目指す。

回転中の軸受の内部に電流が流れるとスパークにより接触部の表面が溶融する。これが走行時の異音や振動、軸受の早期損傷につながる可能性があった。防止のために従来は絶縁のセラミックス製ボールを採用していたが、高コストが課題だった。

新開発の軸受は軸受外輪の外径と端面に特殊コーティングをして絶縁機能を持たせ、摩擦も低減した。低価格でメンテナンスも不要にした。

【関連記事】 世界2位の超硬切削工具メーカーが日本市場に切り込む