アズビルは、赤外線サーモグラフィーカメラと人工知能(AI)により非接触で検温する「AI温度検知ソリューション=イメージ」を発売した。0・5秒以内に、プラスマイナス0・3度Cの精度で検温する。価格は非公表。新型コロナウイルス感染症対策としてオフィスやイベント会場など、不特定多数の人の出入りがある施設での採用を見込む。

AI顔認識技術により、人の額部分の位置を特定。サーモグラフィーカメラで最も高い体表温を取得する。マスクを着用した状態でも発熱者を感知できる。

同社は4月に日本コンピュータビジョン(東京都千代田区)と事業提携し、国内向けに顔認証システムの販売を始めている。AI温度検知ソリューションはこれを応用したサービスになる。