ブリヂストンは欧州子会社を通じて、米マイクロソフトと走行中のタイヤのトラブルをリアルタイムに検出できるモニタリングシステムを開発した。マイクロソフトが自動車業界向けに開発した「マイクロソフト・コネクテッド・ビークル・プラットフォーム(MCVP)」を活用した独自のシステムで、外傷によるタイヤトラブルを認識する。リアルタイムでドライバーに危険を知らせ、事故を未然に回避する。

同システムはMCVPのクラウドを活用してデータを蓄積し、タイヤのトレッド面とタイヤの骨格を形成する部分が受ける影響をアルゴリズムで解析する。

道路管理者などに道路のくぼみなど危険要因となるポイントを通知できる。道路トラブル情報を近隣車両とクラウド上で共有することで、将来の自動運転への貢献も視野に入れている。