銅地金の国際相場が急伸している。ロンドン金属取引所(LME)の銅地金3カ月先物は、日本時間13日午前に一時、約1年3カ月ぶりに1トン=6600ドル台に乗せ、直近2週間で約1割上昇した。銅鉱石の最大産地である南米チリで、鉱山労働者の新型コロナウイルス感染が拡大し、鉱山操業の縮小による供給懸念が高まっている。一方、銅地金消費の約5割を占める中国では景気回復が進展しているため、需給の引き締まりが一段と意識されている。

LMEの銅地金3カ月先物は、日本時間13日昼時点で同6580ドル近辺を推移。先週末比でも約2%高く、チリの銅供給懸念と中国需要の持ち直しを背景に騰勢が続いている。

銅鉱石生産の世界シェアで3割近くを占めるチリでは、新型コロナの1日当たりの新規感染者数が3000人前後で推移し収束の兆しがみえない。9日には、同国の銅公社コデルコの労働組合幹部が、累計で3000人近くの労働者が感染したと述べたと伝わった。コデルコは6月下旬に、新型コロナ感染防止のために主力のチュキカマタ銅鉱山の精錬所の操業を3分の1にすると発表。一時的な措置としていたが、操業縮小の長期化への警戒感が強まっている。

一方、需要面では中国の景気回復基調が材料視されている。中国自動車工業協会によれば、6月の中国の新車販売台数は前年同月比11・6%増と3カ月連続のプラスだった。

中国市場では株価も高止まりしている。中国の国営メディアが6日に、株式の強気相場を促すことの重要性を報じたことを足掛かりに、主要株価指標となる上海総合指数が約2年5カ月ぶりの高値圏まで上昇。目先では消費の手控えで「出遅れていた中国の小売売上高の動向が注目される」(野村証券投資情報部の神谷和男課長代理)。鉱工業生産は5月分が前年同月比プラス4・4%まで回復したが小売売上高は同マイナス2・8%と低調。16日発表の6月分でプラス圏に転じれば銅相場に強材料になりそうだ。