ウシオ電機と神戸大学が、222ナノメートル(ナノは10億分の1)紫外線(UV)の殺菌効果と人体皮膚への安全性の両立を立証した論文が米国の科学雑誌「PLOS ONE」に12日付(現地時間)で掲載された。有人環境の殺菌やウイルス不活化における222ナノメートルUVの活用につながる。

検証では、ウシオ電機が開発した照射装置で20人の背中部の正常皮膚に222ナノメートルUVを照射。10ミリメートル四方の皮膚に対して、1平方センチメートル当たり500ミリジュールの高い照射量で照射しても全員に紅斑が発生しなかった。同じ照射量で40ミリメートル四方の皮膚に照射したところ、照射前後で皮膚常在菌の減少も確認できた。

ウシオ電機によると、殺菌用途で一般的な254ナノメートルUVの場合1平方センチメートル当たり10ミリジュール程度で皮膚が赤くなる。

同社は今後、外科手術中の術野消毒や殺菌を目的とした医療機器の開発も目指す。

外科手術時の消毒用UV装置で安全性と効果を確認

日刊工業新聞2020年8月13日

コロナ禍で製品化予定を前倒し

ウシオ電機は、222ナノメートル(ナノは10億分の1)の紫外線(UV)を照射してウイルスや細菌を不活化・殺菌する光源「Care222ユニットタイプ」について、国内の医療機関向けに納入・設置を始めた。価格は1台30万円(消費税抜き)で、出荷台数は非公表。医療機関以外への販売は9月を予定。医療機関などへの設置を優先するため、個人向けの販売は現時点で予定していない。

エキシマランプと特殊な光学バンドパスフィルターの組み合わせにより、人や動物の肌、目に悪影響を及ぼすことなくウイルスの不活化や細菌を殺菌する紫外線波長域のみを照射できる。当初は2021年初頭の販売を計画していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて製品化時期を前倒ししていた。

Care222ユニットタイプ(同社発表資料から)

日刊工業新聞2020年8月4日

米国、日本でモジュール供給へ

ウシオ電機は222ナノメートル(ナノは10億分の1)の紫外線(UV)照射でウイルスや細菌を不活化・殺菌する「222ナノメートル紫外線殺菌・ウイルス不活化モジュールCare222=写真」を、照明器具メーカー大手の米アキュイティに供給する契約を結んだ。アキュイティは同モジュールを自社照明器具に組み込み、壁や床、ドアノブなどに付着したウイルスなどを不活化する製品を2020年後半から北米などで発売する。222ナノメートルUVはウイルスの不活化や殺菌の効果を持ち、直接照射しても人体に悪影響を及ぼさない。国内では秋ごろのモジュール供給開始に向けて複数のメーカーと話を進めている。

日刊工業新聞2020年6月5日