アドバンスト・メディアはマスクやアクリル板越しの対面接客・商談の音を鮮明に録音する音声認識専用マイクと、対応する会話解析ソフトウエアを開発した。小型マイクに二つのステレオマイクを内蔵し、声を個別に聞き分ける。消費税抜きの価格はマイクが1万8000円、ソフトの月額利用料はオンプレミス(自社保有)型で28万円から。マイクが今冬、ソフトは11月上旬に発売する。

マイク「アミボイス フロントFF01=写真」はスマートフォンやパソコンと有線接続するなどして使用する。大きさは横5・2センチ×縦2・4センチ×厚さ0・9センチメートル。重さは約9グラムのため、容易に持ち運べる。

このマイクで録音した音声を会話解析ソフト「アミボイスSF―CMS」でテキスト化。音声と文字は時系列で保存するため会話の流れを一目で確認できる。キーワード検索やフィルタリング検索で過去の会話を絞り込み、必要なデータを見つけられる。