浮袋と防災頭巾に早変わりするランドセルカバー

浮袋と防災頭巾に早変わりするランドセルカバー

 ヘルメット潜水(大分県国東市、伊賀正男社長)は、災害時に浮袋と防災頭巾になるランドセルカバー「クロッツ 浮き浮きランドセルカバー(デラックス)」を開発した。カバー内面には発泡ウレタンを使用。真上からの衝撃を吸収し、後頭部や頸椎(けいつい)など頭と首回りを保護する。4月10日から同社のホームページを通じて販売する。消費税抜きの参考価格は9200円。ランドセルメーカーや小売店などにも提案する。

 ランドセルカバーはウエットスーツの製造技術を応用して完成させた。カバーに用いたクロロプレンゴムは断熱性や防水性、弾力性、衝撃吸収性などを備える。ランドセルへの着脱が容易で、小学生の防災用具として手荷物にならずに常備できる。

 これまでに体重約80キログラムの成人男性が水に浮く程度の浮力を確認しており、落水しても溺れる危険性を減らせる。ひもの先端には、緊急時などに使える笛を付けた。ひもの長さは約150センチメートル。

 外観は蛍光素材に反射材テープを施し、暗部でも子どもを見つけやすい視認性を持たせた。カラーは蛍光オレンジと蛍光グリーンの2色で、重さは340グラム。

 同社は1982年に設立。ウエットスーツの製造や販売が主力で、クロロプレンゴム製湯たんぽなども手がける。

【ファシリテーターのコメント】
 ヘルメット潜水は1982年に設立。ウエットスーツの製造や販売が主力で、クロロプレンゴム製湯たんぽなども手がけています。
明 豊

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索