富士フイルムが東南アジアで仕掛ける”自撮りミラーレス"

富士フイルムが東南アジアで仕掛ける”自撮りミラーレス

 富士フイルムは、タイ、インドネシアなど東南アジア諸国連合(ASEAN)地域で、ミラーレスカメラの再現性や高い画質、使い勝手の良さを“体感”できるショールームを積極展開する。ターゲットは、会員制交流サイト(SNS)を利用する若い女性。現地でブームを巻き起こしている「自撮り」を足がかりに、スマートフォンよりも優れる仕上がり品質を訴求。カメラをより身近に感じてもらうとともに、写真を楽しむ文化を育む。

 ショールーム開設のきっかけは、2013年に発売した入門機種「X―A1」で開いた体験イベントだ。ASEAN市場に浸透させるアプローチを模索していたところ、タイ法人の若手女性社員が利用シーンの一つとして自撮りに着目。A1で撮った写真を投稿すると「どうすればこんなキレイな写真が?と評判になった」(光学・電子映像事業部の鵜殿真一郎統括マネージャー)と振り返る。

 体験イベントでは、こうして惹きつけられた「スマホでの撮影が当たり前のユーザー」(鵜殿マネージャー)一人ひとりに実機を貸与。肌の色への再現性や夜景対応といったこだわりの性能に、会場は女性たちの熱気と歓声に包まれたという。

 液晶モニターの角度を調節したり、スマホやタブレット端末にすぐ画像を送れたりする使いやすさも、SNSに熱中する若い女性の心をガッチリつかんだ。

 とはいえ、SNSや自撮りはASEAN全域で流行しているわけではない。そこで、富士フイルムが打ち出した次の手が、著名人にアピールしてもらう「インフルエンサー」戦略。

 若い女性に人気のモデルやタレントがミラーレスカメラで写真を撮り、それをブログなどに掲載してもらう仕組みだ。影響力は絶大で「憧れの存在と同じことをしたい、と体験イベントに集まってくれる」(同)という。

 ショールームは実機に気軽に触れる「タッチ&トライ」とギャラリー、セミナースペースなどで構成。タイを皮切りに、現在はインドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポールの6カ国に7拠点を置くまで広がった。

 月1、2回開く体験イベントは毎回15―20人の定員を上回る応募があり、抽選するほどの盛況。参加者の約1割が、一定期間内に購入しているという感触もある。

 各拠点とも販売はもちろん、ユーザーの生の声を吸収する場としても存在感を放つ。鵜殿マネージャーは「最新機種のX―A3にはデザインや機能への要望を詰め込んだ」と胸を張る。
(文=堀田創平)

【ファシリテーターのコメント】
実は、現地法人や現地販売店のスタッフにとっては“技能向上の最前線”としての顔も。鵜殿マネージャーは「お客さまとのコミュニケーションを通じて知識を深め、スタッフも成長する」と、思わぬ効果に目を細める。
(日刊工業新聞第二産業部・堀田創平)
日刊工業新聞 記者

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索