“クローン文化財”のみの展示会 東京芸大が3Dプリンターなどで再現

“クローン文化財”のみの展示会 東京芸大が3Dプリンターなどで再現

 東京芸術大学は、オリジナル同等の素材、質感、技法を再現した“クローン文化財”のみの展示会を今秋開催する。シルクロード美術の仏像や壁画などの画像データを基に、3次元計測や科学分析、3Dプリンターなどを使って忠実に再現する同大が特許を持つ技術を駆使した。さらに欠損や薄れた部分を補うなど、オリジナルより進化した姿を鑑賞してもらう。 

 9月23日から同大大学美術館(東京都台東区)で開く企画展は、シルクロード美術がテーマ。同大の130周年記念プログラムの一環となる。

 模写作業中に焼損して永遠に失われた日本の「法隆寺金堂壁画」の原寸大12面のほか、保存のため一般公開が難しい中国の「敦煌莫高窟第57窟(くつ)」、2001年に破壊されたアフガニスタン・バーミヤン東大仏の天井壁画「天翔(あまかけ)る太陽神」など、実物の鑑賞が困難な文化財をクローン展示する。

 例えば、法隆寺釈迦三尊(しゃかさんぞん)像では、欠落した「螺髪(らほつ)」や背部の「大光背周縁」に存在を想定されている「飛天」(天人・天女)を復元する。

 同大大学院の宮廻正明教授は、「この技術により、門外不出だった文化財を世界に持ち運ぶことが可能となる」と文化共有の新たな未来に期待を示す。

 また、企画展では現代のデジタル技術を使用し、千住明特任教授が作成した音楽や、各国のにおいなど、五感を使ってシルクロードを体感できる展示も予定している。

【ファシリテーターのコメント】
中東では紛争によって重要な文化財が多数失われました。クローンを残しておくことで、今後破損した場合の修復にも役立ちそうです。
昆 梓紗

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索