1日11時間以上の労働で急性心筋梗塞のリスクが1.63倍に

1日11時間以上の労働で急性心筋梗塞のリスクが1.63倍に

 労働時間が1日11時間以上と長い男性は、7―9時間の男性に比べ、急性心筋梗塞を発症する危険性が1・63倍に高まることが分かったと、大阪大学と国立がん研究センターなどのチームが発表した。論文が日本循環器学会の英文誌電子版に掲載された。チームの磯博康阪大教授は、睡眠時間の減少やストレスにより高血圧や糖尿病の危険性が高まり、心筋梗塞に結び付いている可能性があると指摘している。


関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索