阪急が8年ぶりに導入、観光特急の改造車両

阪急が8年ぶりに導入、観光特急の改造車両

 阪急電鉄は20日、23日から運行する観光特急「京とれいん 雅洛(がらく)」を公開した。土日祝日のみ、梅田(大阪市北区)―河原町(京都市下京区)駅間を1日4往復する。2011年から運行する「京とれいん」の2編成目で、訪日客施策として8年ぶりに観光特急を導入する。

 既存車両を改造した6両編成で、1両ごとにテーマとなる季節や植物を設定。車内に坪庭や円窓を設置し、乗車した瞬間から京都を感じるデザインにこだわった。多言語の自動案内放送や京都ガイドマップを設け、走行中列車の前方映像をスマートフォンなどにリアルタイム配信するサービスも行う。料金は普通運賃で予約は不要。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索