マックvsマクド、東西バーガー「味」対決でご当地バーガー発売

マックvsマクド、東西バーガー「味」対決でご当地バーガー発売

「マック」か「マクド」か。日本マクドナルドは7日、地域で異なる愛称にちなんだハンバーガーの新商品を9日に全国発売すると発表した。関東などで浸透しているマック代表の商品としてローストビーフを挟んだ「東京ローストビーフバーガー」(440円)、大阪などマクド代表として関西で人気の洋食「ビーフカツ」を使った「大阪ビーフカツバーガー」(390円)などを扱う。

インターネット交流サイト(SNS)で人気投票を20日まで実施し、支持を集めた側のハンバーガーの割引券を配信する。炭酸飲料「マックフィズ」などにもマックとマクドをそれぞれ代表する商品が登場する。

同社によると、全国47都道府県のうち京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の5府県でマクドと呼ばれ、三重、滋賀、徳島、香川、愛媛、高知の6県ではマックとマクドの両方が使われている。

マック派が優勢だが、マクド応援で登場したタレントの今田耕司さんは「関西の味を全国で味わえる」とビーフカツバーガーをアピールした。

【ファシリテーターのコメント】
関西出身者なので「マクド」と呼ぶのが当たり前だと思っていたが、こんなに少ない地域だけの呼び名だったとは。。。
松井 里奈

関連記事

おすすめ情報

ニュースイッチの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索