ガソリン価格 2年1か月ぶり高値水準に

今週のレギュラーガソリンの小売り価格は、産油国が協調して減産したことで原油価格が上昇していることから、全国平均で1リットル当たり134.9円と、2年1か月ぶりの水準に値上がりしました。

資源エネルギー庁から調査を委託されている石油情報センターによりますと、10日時点のレギュラーガソリンの小売り価格は全国平均で1リットル当たり134.9円と、先週に比べて1.2円値上がりました。

レギュラーガソリンの値上がりはこれで4週連続となり、2年1か月ぶりの水準に上昇しています。また、都道府県ごとに見ても、今週はすべてで値上がりしています。

これは、OPEC=石油輸出国機構の加盟国と非加盟国の産油国が協調して原油を減産していることに加え、アメリカのシェールオイルも生産が伸びていないため、原油価格が上昇したことが要因です。

今後の見通しについて、石油情報センターは「来月予定されているOPECの総会に向けて、中東各国が協調減産を続けようという動きを活発化させているため、今後、原油価格がさらに値上がりして、ガソリン価格も上昇する可能性もある」と話しています。
【価格の推移】ことしのレギュラーガソリンの小売り価格は130円台で推移してきました。

ことし4月に134円台になりましたが、その後、夏にかけては、産油国の減産とアメリカのシェールオイルの増産という逆の動きがきっ抗して、131円前後で落ち着いていました。

しかし、シェールオイルの生産が伸びなくなったことで、原油価格の上昇が続き、その影響で先月中旬からはガソリン価格も値上がりしています。このため、先月11日時点では全国平均で1リットル当たり131.3円だったレギュラーガソリンの価格は、この1か月間で3円以上、値上がりしました。
さらに、去年の同じ時期に比べると、現在のガソリン価格は12円余り高い水準になっています。
【専門家「価格が一方的に上昇していくことは考えづらい」】JOGMEC=石油天然ガス・金属鉱物資源機構の野神隆之主席エコノミストは「原油価格の上昇に伴ってガソリンの価格が上がってきているが、過去と比べるとそこまで高い水準ではなく、消費者や産業界に大きな影響を与えるほどではない」としています。

そのうえで、今後の見通しについては、「アメリカのシェールオイルの生産が増えることも考えられるため、今後、価格が一方的に上昇していくことは考えづらい。ただ、イラクやイランなどでの地政学リスクが高まれば、想定を超えて価格が上昇する可能性もある」と述べました。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索