この冬一番の寒気 日本海側中心に大雪 交通影響など警戒

この冬一番の強い寒気の影響で、日本海側の山沿いを中心に大雪となっています。雪は16日にかけて降り続く見込みで、気象庁は、大雪や吹雪、吹きだまりによる交通への影響に警戒するとともに、路面の凍結やなだれなどにも十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、北日本や北陸の上空に氷点下42度を下回るこの冬一番の強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まっています。このため東北から西日本の日本海側の山沿いを中心に雪が降り、14日午後10時の積雪は、山形県の大蔵村肘折で2メートル47センチ、新潟県津南町で1メートル95センチなどと大雪となっています。

また、平地でも雪が降り、午後10時の積雪は、滋賀県彦根市で36センチ、鳥取市で15センチ、金沢市で5センチ、京都市で3センチ、名古屋市で2センチなどとなっています。

寒気が流れ込み続けるため、雪は山沿いを中心に16日にかけて降り続き、西日本の太平洋側の平地でもところによって積もるおそれがあります。15日夕方までの24時間に降る雪の量は、山沿いの多いところで、新潟県で90センチ、北陸で80センチ、東北と東海、それに山陰で70センチ、関東甲信と近畿で60センチ、北海道の日本海側とオホーツク海側で40センチ、四国で20センチと予想され、その後も16日にかけて降り続く見込みです。

また、16日にかけて全国的に風が強まり、日本海側の陸上ではふぶくところがあるほか、東北から中国地方にかけての日本海側の海上では波の高さが6メートルの大しけとなる見込みです。

気象庁は、大雪や吹雪、吹きだまりによる交通への影響や高波などに警戒するとともに、路面の凍結やなだれなどにも十分注意するよう呼びかけています。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

17時22分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索