西日本で大気不安定 鹿児島で激しい雨 土砂災害などに警戒

暖かく湿った空気の影響で、西日本では大気の状態が非常に不安定になり、鹿児島県で局地的に激しい雨が降っています。大気の不安定な状態は10日夜遅くまで続く見込みで気象庁は土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため西日本では大気の状態が不安定になり局地的に発達した雨雲がかかっています。

午前5時までの1時間に鹿児島県の出水市で35.5ミリ、阿久根市で30ミリの激しい雨が降りました。

大気の不安定な状態は10日夜遅くまで続き、局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、11日午前6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで九州北部と南部で100ミリ、近畿で80ミリとなっています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、急な川の増水などに警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索