日本海側中心に大雪 九州・四国の平地でも積雪

上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に大雪となり、九州や四国の平地でも雪が積もっているところがあります。13日にかけて各地で大雪が続くおそれがあり、気象庁は、積雪や路面の凍結による車の立往生など交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響で、西日本から北日本の日本海側を中心に広い範囲で断続的に雪が降り、この24時間に降った雪の量は、多いところで40センチから80センチに達しています。

午後4時の積雪は、山形県の大蔵村肘折で2メートル62センチ、新潟県津南町で1メートル29センチ、広島県北広島町の八幡で1メートル21センチ、富山市で25センチなどと各地で平年の1.5倍から3倍近くに達する大雪となっています。

また、長崎市と熊本県南阿蘇村で5センチなどと、九州や四国の平地でも雪が積もっているところがあります。

寒気の流れ込みや強い冬型の気圧配置が続くため、13日にかけて西日本から北日本の日本海側を中心に断続的に雪が降る見込みで、西日本の太平洋側の平地でも雪が降り、各地で大雪が続くおそれがあります。また、北海道では低気圧の影響で風が強まり、ところによって吹雪となっています。

気象庁は、ふだん雪が降らない地域でもまとまった積雪となっていることから、積雪や路面の凍結による車の立往生など交通への影響に警戒するとともに、積雪の多い地域では雪崩にも十分注意するよう呼びかけています。
【長崎 五島で雪景色】強い寒気の影響で、長崎県五島市の11日朝の最低気温は0度4分とこの冬一番の冷え込みとなりました。
五島市の福江島では雪が断続的に降り続き、福江空港では午前9時に5センチの積雪を観測しました。

このため、中心部にある福江城が雪化粧するなど島は雪景色となり、朝の通勤・通学の時間帯には肩を丸めるようにして足元に注意しながら歩く人の姿も見られました。
また、行き交う車もスピードを落として慎重に走っていましたが、雪で車が滑って坂道を上がれず、後ろから押してもらったり、諦めて引き返したりする様子も見られました。

一方、子どもたちはグラウンドに出て、雪だるまを作ったり雪合戦をしたりして、久しぶりに積もった雪の感触を楽しんでいました。
【徳島 バスに大幅な遅れ】徳島県内の路線バスは、11日午前中、雪のため多くの路線で始発から運転を見合わせ、運転しているバスも大幅な遅れが出ています。

徳島市のJR徳島駅前では、午前中、雪が降り続く中、多くの人がバスの到着を待っていました。

徳島市内の大学へ向かうという30代の男性は「30分ほど待っていますが、来なくて困っています。出張で徳島に来ましたが、こんなに雪が降るとは驚きました」と話していました。
また、徳島市の50代の男性は「20分ほど待っていますが、バスが来ません。寒いので早く来てほしいです」と話していました。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索