路面凍結でスリップや転倒相次ぐ 9人けが 徳島

雪が降った徳島県内では11日、凍結した路面で車がスリップしたり歩行中に転倒したりする事故が相次ぎ、消防によりますと、午前11時までに9人がけがをしました。

このうち、徳島県鳴門市撫養町の国道11号線では、午前8時20分ごろ、側道から合流しようとした乗用車が左側の壁に衝突し、助手席に乗っていた50代の男性が足の骨を折るなどの大けがをしました。

警察によりますと、現場は緩やかな上り坂で、路面が凍結していたということで、警察は、加速した際にスリップしたと見て調べています。

消防によりますと、徳島県内ではこのほか、バイクや自転車で転倒したり歩行中に転んだりする事故が起き、午前11時までに8人が軽いけがをして病院に運ばれたということです。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索