防災ヘリ墜落 死者4人に 残る1人の乗員も発見

10日、9人が乗り込んで飛行していた群馬県の防災ヘリコプターが山中に墜落した事故で、県によりますと、新たに2人の死亡が確認され、これで墜落による死者は合わせて4人になりました。また、これまで見つかっていなかった残る乗員1人が発見され、警察などが容体の確認を進めています。

10日、登山道の視察のため飛行していた群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が、長野県との境付近の中之条町の山中に墜落しているのが見つかりました。

機体には県の防災航空隊の隊員と地元の消防署員合わせて9人が乗り込んでいて、現場近くで乗員と見られる8人が見つかり、このうち2人は救助されましたが、その後、死亡が確認されました。

群馬県によりますと、11日朝、新たに2人の死亡が確認されたということで、これで死者は合わせて4人になりました。

また、警察などが11日朝から現場での捜索を再開した結果、見つかっていなかった残る乗員1人が発見されたということです。詳しい容体などはわかっていません。

警察や県は、これまでに見つかっていた4人と併せて救助活動や容体の確認を進めています。

群馬県によりますと、GPSの位置情報の記録では「はるな」は10日午前9時58分から墜落現場近くの上空で急に旋回を始め、3分後の午前10時1分に記録が途絶えたということで、警察や県は、旋回した前後に何らかのトラブルがあったとみています。

国の運輸安全委員会も11日、航空事故調査官を現地に派遣し、事故の原因を調べることにしています。
【現場近くの目撃者「目線と同じ高さを飛んでいた」】群馬県の防災ヘリコプターが墜落した事故で、10日午前10時ごろ現場近くの横手山ドライブインにいた中村光孝さんは、霧の中、低空を飛ぶヘリコプターの姿を見たということです。

中村さんによりますと、ヘリコプターは、横手山ドライブインの南東にある草津白根山から、北の方角にある渋峠に向けて霧の中、低空を飛行していたということです。

中村さんは「霧の中からヘリコプターの音が聞こえてだんだん音が大きくなったと思ったら、機体が見えました。自分の目線とほぼ同じ高さを飛んでいて、再び霧の中に消えていきました」と話しています。

当時の霧の状況については「午前9時半ごろは、ドライブインから周囲の山が見える状況でしたが、それ以降は霧が濃くなり山が見えなくなりました」と話していました。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索