詐欺などの疑いで指名手配され、海外に逃亡していた中国人の男が関西空港から再入国して逮捕されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。調べに対し「マスクを買おうと日本に戻ってきた」と供述しているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

中国人の張志強容疑者(22)は、去年2月、大阪・港区の80代の女性からだまし取ったキャッシュカードを使い、コンビニエンスストアのATMで現金およそ140万円を引き出したとして、詐欺などの疑いで指名手配されていました。

海外に逃亡していましたが、捜査関係者によりますと、今月、関西空港から再入国して警察に逮捕されました。

調べに対し、「中国で新型のコロナウイルスの感染が広がっていてマスクが手に入らないので、知人のためにマスクを買おうと日本に戻ってきた」と供述しているということです。

一方、空のスーツケースを持ち込んでいたということで、警察は転売目的で大量に仕入れようとしていなかったか、詳しいいきさつを調べています。