防災技術に関する研究を行う茨城県つくば市の研究機関の発表会が都内で行われ、去年の台風19号では長野県や福島県など、過去に大雨の経験が少なかった地域ほど水害の危険性が高くなっていたなどとする研究成果が発表されました。

東京 千代田区で行われた防災科学技術研究所の研究発表会では6人の研究員が成果を発表し、このうち平野洪賓主任研究員は去年10月の台風19号を例に、大雨の頻度と水害が起きる危険度の関係について発表しました。

この中で平野主任研究員は、大規模な浸水被害が起きた長野県の千曲川流域や福島県の阿武隈川流域では、24時間雨量は多くなくても「100年に1度の大雨」となった地点が特に多くなっていたと指摘しました。

このため、過去に同じような規模の大雨が降った回数が少ない地域ほど水害による被害が大きくなる危険性が高いと指摘し、「今後、リアルタイムで雨の『まれさ』を公開し、水害リスクの把握や避難の判断に生かせるようにしたい」と述べました。

発表会ではこのほか、人工衛星のレーダー画像で浸水地域をいち早く把握する研究なども報告され、防災科学技術研究所は今後、発表の映像をホームページで公開することにしています。