今月13日、神奈川県に住む80代の女性が、新型コロナウイルスに感染した人では国内で初めて死亡しました。県は、感染が確認されないまま女性が3つの医療機関に受診や入院をしていたことから、医療従事者やほかの患者に濃厚接触者がいないかどうか、職員を派遣して調査を進めています。

神奈川県によりますと、新型コロナウイルスに感染し、13日死亡した県内に住む80代の女性は、先月22日からけん怠感が出始め、28日に最初の医療機関を受診し、今月1日に肺炎と診断されて別の医療機関に入院して、6日には呼吸状態が悪化して、さらに別の医療機関に転院しました。

女性に海外への渡航歴がなかったことなどから、当初は通常の肺炎が疑われ、死亡の前日までウイルス検査は実施されず、感染が確認されたのは13日に女性が死亡したあとだったということです。

県では、先月22日に症状を感じてから入院するまでの行動経路などを確認するとともに、女性が3つの医療機関で受診や入院をしていることから、医療機関で女性と接触した医療従事者の状況、女性が入院していた部屋が個室だったのかなど、ほかの患者との接触状況などを確認するため、医療機関に職員を派遣して国とともに調査を進めています。