岐阜 山県の養鶏場 ひな100羽以上死ぬ 鳥インフルか

14日朝、岐阜県山県市の養鶏場で、ニワトリのひな100羽以上が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。岐阜県は、遺伝子検査をして詳しく調べるとともに、養鶏場にニワトリや卵などを運び出さないよう指示しました。

岐阜県によりますと、14日午前8時20分すぎ、山県市の養鶏場から、ニワトリのひな100羽以上が死んでいると通報がありました。
県が7羽について簡易検査した結果、6羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たということです。

県は遺伝子検査をして詳しく調べるとともに、この養鶏場と半径3キロ以内にある4か所の養鶏場に対し、ニワトリや卵などを運び出さないよう指示しました。
また、半径10キロ以内にあるほかの12か所の養鶏場にも、半径10キロから外にニワトリや卵を運び出さないよう求めました。

遺伝子検査の結果は14日の深夜にもわかる見通しで、鳥インフルエンザと確認されれば、ひなが死んでいた養鶏場のニワトリおよそ8万羽をすべて殺処分して消毒することにしています。

岐阜県の上手繁雄副知事は「最悪の事態に備えて十分な態勢を取ってほしい。情報を共有して速やかに対応してほしい」と指示しました。
【農水省が対策会議】農林水産省は14日夜、緊急の会議を開きました。岐阜県が行う詳しい検査結果は14日夜遅くにも判明する見通しで、会議では鳥インフルエンザのウイルスによる感染が確定した場合、国の指針に基づいて、感染の拡大を防ぐ措置を取ることを確認しました。

具体的には、この養鶏場が飼育するニワトリなどの処分を行うほか、周辺の消毒を実施するとともに主要な道路に消毒ポイントを設けるなどです。

農林水産省は専門家のチームを15日朝、現地に派遣して、感染経路などを詳しく調べることにしていて、鳥インフルエンザの感染が確認された場合、まん延防止のため対策を徹底してほしいと呼びかけています。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

NHKニュース&スポーツの他の記事もみる

国際・科学の主要なニュース

国際・科学のニュース一覧へ

11時02分更新

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索