新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻な湖北省では13日までとされてきた企業の休業期間がさらに1週間延長され、企業の活動再開は今月21日以降にずれこむことになりました。

湖北省では今月2日に旧正月「春節」の休暇が終わって以降も電力やエネルギー、それに医療品などの業種を除く企業の休業期間が13日まで延長されてきました。

これについて地元当局は13日、休業期間をさらに1週間延長し、企業活動の再開を今月21日以降とするよう通知しました。

また省内の学校についても、授業の再開を延期し、具体的な再開の時期は感染拡大の状況を踏まえて決めるとしています。

湖北省は武漢を中心に自動車産業やハイテク産業が集積していて、工場の操業再開がさらに遅れることになれば、日系企業も含めて影響が一層広がることが懸念されます。