マウスの生殖細胞が卵子の元になる「卵母細胞」に変化する仕組みを世界で初めて明らかにしたと京都大学のグループが発表しました。将来的には、不妊症の治療法にもつながる成果だとしています。