厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船で船内に残っている人のうち、80歳以上の高齢者で持病がある人などについてウイルス検査で陰性だった人が14日午後、船を下りて政府が用意した宿泊施設に移りました。

厚生労働省によりますと、横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、乗員・乗客、合わせて218人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、医療機関に搬送されています。

現在、船内には3400人余りの乗客と乗員が残っていますが、厚生労働省は、このうち80歳以上の高齢者で持病がある人などについて、ウイルス検査で陰性で希望した11人を船から下しました。

船を下りた人は14日午後、政府が用意した埼玉県和光市の宿泊施設に移りました。

厚生労働省は船内に残っている乗客・乗員に対して、今月19日までは客室などに待機するよう求めていて、今回、船を下りた人についても、宿泊施設で同じ期間、待機してもらうことにしています。